【初音ミク】パズル【クワガタP】




【歌詞】

いつからか僕ら手を解いて
喋る言葉もなくしたんだ
隣を歩く君の横顔を見つめて
ただ気付かないふりをしたんだ

その頬に流れる涙の意味が
まだわからない間抜けな僕は
去って行く君の背中に
ゴメンとだけ呟いた

パズルのように繋ぎ合わせた未来
僕が無くしたのはどこのピースだろう

寂しさで汚した心
真っ白な空白に浮かべて
虚しさだけが残るこの部屋で
そっと巡るよ君の記憶を

ゴムのように引き伸ばす毎日
途切れそうな声で僕らは笑っていた

変わってしまった心の形を
無理矢理あてはめてみるけど
痛いんだ 苦しいよ 君を傷つけて

寂しさで汚した心
真っ白な空白に浮かべて
虚しさだけが残るこの部屋で
そっと巡るよ

探そう僕と君の形を
例え同じ風景にいなくても
笑いあって寄り添った日々の
欠片抱いて眠るよ





【Lyric】

I wonder when we let go each others hands?
then we lost even the words to speak…
I looked at your face and I just pretended to not notice it

I still cannot understand meaning of your tears that are flowing your cheeks
I only whispered “I’m sorry” on your back that walks away

Our future that we’ve connected it like a puzzle
I wonder which piece I’ve lost?

Loneliness made the heart dirty,
I’ll float it in white blank space
In this room where only emptiness remains
I’ll remember softly




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です