【初音ミク】morning haze【keeno】

【歌詞】
震える手を握ってこの街から抜け出して
誰にも見付からない場所まできっと行けると思った
何度だって強く握って君の温度を確かめて
誰にも触れないような場所へ行けると思っていたんだ
傾きだした空が君を飲み込むまえにずっと遠くまで
その涙が止まる場所まで君を連れて行けたら
僕らは早く大人になりたくてただ身体を重ねた
弱くてどうしようもないこと痛いくらいに解ってたんだ
痛いな
寄り添うように僕らは世界の端を探すけど
壊れそうな何度目の夜を越えて
慰め合って僕らは幼い傷を舐めあうけど
朝靄に溶けていく
冷たくなったその手を解いて
君は微笑って「もういいよ」と呟いたんだ
いつかはこの空の色も時間の中に埋もれていくのかな
消えそうな君の笑顔もその涙だって焼き付けていたんだ
僕らはきっと大人になれないままで恋を重ねるけど
弱くて笑えない僕は君の隣でただ泣いていたんだ
痛いな




【Lyric】
I thought that I could take that shaking hand of yours,
And run away with you, to a place where anyone couldn’t be found
You left the hand that gone cold then you whispered “I”m fine” with your smile
Wonder if the colors of this sky will eventually be hidden away in a lot of time…




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です