【初音ミク】shiningray【164 p】

そっと 手を伸ばした
むこうの カゴのフルーツ
静かに 過ぎる時間と
億千の 思い出と
大丈夫だから 怖くなんてない
もう泣かないで あたし・・・
shining ray and burning red
今だけ 強がらせて
きっといつか 帰る日が来ると
信じて ここにいるから
きっと 何も変わらず
全てが このままなの
何度も 見た風景と
ちょっと ずれた時計
何をしてても 何を思っても
同じこと いつか・・・
shining ray and burning red
明日という 遠い日
怖くて 苦しくて
この手が 届かないよ
今、目に映ってる空
雲一つない 青
今、確かにわかるのは
明日は もう来ない
もう 少し眠たいの
ねえ この私の
ちょっと 小さな宝箱
中には 大事な
思い出だけ・・・ 思い出だけ・・・
shining ray and burning red
今だけ 強がらせて
もうすぐ 終わりが来ると
わかって ここにいるから
shining ray and burning red
幸せな 日々でした
あたしは 眩しい空から
みんなを 見守るから
I slowly reach out my hand
To basket of fruits
Slowly the time goes by
Along with my memories
It’s okay, I’m not scared
So Don’t cry.. Me
Shining ray and burning red
Let me act strong right onw
The day will come where I will go home
That’s what I believed and waited here
Nothing will change
Everything will stay the same
I watched the same scenery many times
And the same clock that’s a little off
Whatever I do, whatever I think
Makes no difference, because someday…
Shining ray and burning red
Tomorrow seems so far away
I’m so scared and in so much pain
My hands can’t reach

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です